『服音。』から『福音。』へ

【レポ】サマーソニック2018 大阪 (8/19)感想

サマーソニック2018、終わりましたね。

サマソニの終わり、夏の終わり。

なんだか一気にセンチメンタルな気分になります、毎年。

例年は2日間参加していますが、今年は訳あって1日のみの参加でした、残念無念。

自分がこの目で見たアーティストの感想を。

サマーソニック2018 大阪(8/19)感想

DREAM WIFE<ドリーム・ワイフ>

引用:SUMMER SONIC2018

一発目はマウンテンステージのトップバッター、ドリーム・ワイフ。

とにかくキュート!3人ともアイコニックなルックス!
そして爆音のゴリゴリギターロック、これが夏の野外に合わないわけがない。

たどたどしくも日本語でオーディエンスと意思疎通を図ろうとしてくれる姿勢が可愛いし嬉しいし、もう気持ちが忙しかったですよ。

キュートさの中に垣間見える、鳥肌が立つほどクールな瞬間、その瞬間がロックバンド然としていて最高でした。

Dream Wife – Full Performance (Live on KEXP)

Pale Waves<ペール・ウェーブス>

引用:SUMMER SONIC2018

サマソニ2018の個人的ベストライブは、ペール・ウェーブスでした。

当ブログでも隙あれば紹介していた全世界大注目のUKインディバンド、ペールウェーブス。

初っ端からヒットシングルというか、もはやアンセムの『Television Romance』を投下。

これまで観たライブ映像ではギターを手にしていたフロントウーマンのヘザー・バロン・グレイシーが、このステージではまさかのハンドマイク!

これがとにかく最高でした。

THE1975のマット・ヒーリーを彷彿とさせるアクションでステージを縦横無尽に駆け巡る駆け巡る。

随所での決めポーズもいちいち絵になってカッコ良すぎるし、そこに23歳の本来の女性らしい可愛さもプラスされて、きっと誰もが否応無く惹きつけられるステージでした。

こちらの期待は軽ろやかに飛び越えられました。期待の、想像の遥か上のステージを見せつけてくれました。

最前列にはヘザーと同年代ほどの熱心な女性リスナーの姿が多く、この日のために覚えて来たであろう歌詞を一緒に歌う姿とか、「あぁ今この空間には正しさしかないよな」なんてことを思いながら胸が熱くなりました。

ロックバンドの初来日公演でこれ以上の正解は、きっとない。

デビューアルバム前にしてこの盛り上がり、来月のリリースがさらに楽しみになりました。

ヘザー・バロン・グレイシーという圧倒的カリスマ性とキャラクター性を持ったバンドアイコン。
とにかくどストレートにポップな楽曲、今回魅せつけられた堂々としたステージング。

どれも新人バンドしては破格、群を抜いています。

レーベルの先輩THE1975がそうだったように、ペール・ウェーブスもまた、サマソニから人気に火が付きそうな予感がしてなりません。

Pale Waves – 3voor12 session Noorderslag 2018

never young beach<ネバー・ヤング・ビーチ>

ビリーアイリッシュを一目見てからのこの日初めてのホワイトマッシブでのネバヤン。

夏空の下、片手にアルコール飲料、そしてネバヤン。

これはもう最高というほかないでしょう。

観客と一体になりつつの怒涛のヒット曲連打、ノレました。

never young beach – お別れの歌 (official video)

ウルフルズ

邦楽ロックバンドで「好きなバンドトップ3」には入るウルフルズが、まさかのホワイトマッシブ(サマソニ大阪会場で最も小さなステージ)

これは観に行かないわけがありません。

ということで、ドリーム・ワイフ、ペール・ウェーブス同様に最前列を確保して噛り付きで堪能しました。

結成30周年を迎えた今年に入って、リーダーでありギターのウルフルケイスケが活動休止を発表したことで、現在3人体制のウルフルズ。
毎年ヤッサに行くほど熱心なウルフリィですが、ウルフルケイスケ抜きの彼らのステージは初でした。

ファンとしては不安や心配が大きかったですが、

すみません!杞憂でした!

ウルフルケイスケの穴を埋めるべくトータス松本のブルージーなギターが唸りまくる。本人もめっちゃ気持ちよさそうに弾いてるし!

一発目の『ええねん』でオーディエンスの心を完全に掴んで巻き起こしたモッシュには驚きました。(まさかこの日1番のモッシュがウルフルズとは…。)

カバーを3曲挟み、最後には『笑えれば』、『バンザイ』という完璧な流れ。

陽が傾きはじめたホワイトを包むこの上ない多幸感。

ありがとう、ウルフルズ。

ウルフルズ – バンザイ~好きでよかった~

Noel Gallagher’s High Flying Birds<ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ>

引用:SUMMER SONIC2018

この日のヘッドライナー、“我らが兄貴”こと、ノエル・ギャラガー。

約3年半ぶりノエルのステージ、賛否両論巻き起こした『Who Built The Moon』リリース以降初めての来日公演。

UKロック好きとしてこれを観ないわけには行きません。

先に感想を言ってしまえば、

「ノエルギャラガー完全勝利!!」

まさに、そんな1時間20分でした。

『Who Built The Moon』の1曲目『Fort Knox』から2曲目『Holy Mountain』になだれ込む怒涛の高揚感、事前に分かってはいても、やはり生のステージは格別です。

『Who Built The Moon』の楽曲連打の序盤は、「この曲こんなにライブ映えする楽曲だったんだ!」という驚き。

音源やライブ映像で見聞きするよりも音の広がりが段違い。サマソニ全体を一緒で包み込む音のベール。凄まじい。

中盤の『Little By Little』以降、ノエルとオーディエンスの歯車が噛み合ったかのように一気にヒートアップする会場。
オアシスの楽曲を惜しみなく投下する何だかんだファンサービスを忘れないノエル兄貴、最高です。

『Whatever』や『Wonderwall』のオアシス大名曲に挟み込まれるように披露された新曲『She Taught Me How to Fly』がライブ全体の役割としてカチッと機能していて、それがまたどうしようもなくカッコよかったです。

そしてソロ2作目の『Chasing Yesterday』に収録されていながら前回ツアーでは披露されなかった(できなかった)『The Right Stuff』をクライマックスに持ってきていたのが、ノエル・ギャラガーの“今”を表していたように思います。

新作を作ったからこそできるようになった。

それって、素晴らしいなと。

そして、いよいよラストの2曲。

みんな大好き世界のアンセム『Don’t Look Back In Anger』からのビートルズ『愛こそはすべて』のカバー。
不朽の名作2連発に会場に高らかに巻き起こるシンガロング。

きっとあのときあの空間で、不幸な人なんて誰もいなかった。

祈りのような、祝福のような、全てが許されるような、愛しかない最高の大円団。

ノエルギャラガー完全勝利のライブでした。

「来年会えるかもよ?」

って言ったの信じてるよ!ノエル!

Noel Gallagher’s High Flying Birds – Holy Mountain (Official Music Video)

あとがき

来年はいよいよ、サマーソニック20周年イヤー!

SNS上でも言われていましたが、今年は確かに客入りが少なかったように思います。

でも、なんだかんだみんなサマソニが大好きです!

クリエイティブマンの皆さま、来年も期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です